パソコンを使う

ライセンスが無償のkubernetesやOSS

エンジニアがオープンソースソフトウェアことOSSを利用するメリットの1つは、ライセンスが無償であることです。コードを利用するにあたりライセンスがどうなっているのかは最も気になる点ですが、OSSはライセンス無償です。ライセンス無償なので、コスト削減が実現します。もしもライセンス有償なら便利な分コストがかさんでしまうため、それほど魅力的ではありません。ですがOSSはライセンス無償なので、コストのことを気にすることなく比較的自由に利用できます。例を出すならkubernetesがそうです。ライセンス無償ですから、コストの心配はありません。
単に品質だけを追求してシステム開発を行うのであれば、コストについてそれほど深く検討する必要はありません。ですが現実的にはコストときちんと向き合わなければいけませんので、そのためにはOSSのようなライセンス無償サービスの活用をしっかり視野に入れておくことが大事です。
システムのすべてをオリジナルのコードで手掛けるとなれば膨大な時間を要するのは誰の目にも明らかですので、結果的にかなりの人的コストを要してしまいます。その点OSSはライセンス無償ですから、はっきりとしたコスト削減が実現可能です。

POST LIST